砥夢君とチーキ 少しづつ接近 11月中旬のアフリカゾウ舎 その6 多摩動物公園

Category:アフリカゾウ2016~  Tag: 多摩動物公園アフリカゾウ砥夢チーキ

砥夢君とチーキ 11月中旬のアフリカゾウ舎 その5 の続きです

お鼻を高く上げたチーキ
「美味しい物はどこかしら」
お鼻レーダーで探っています
チーキ8537
そして
壁の上にお鼻を伸ばしました
チーキ8550
探ったり
チーキ8553
臭いを嗅いだりしてました
チーキ8558
そして1分後
自分のゲートに戻って行きました

チーキが左のゲートに戻ると
砥夢君もやって来ます
トム・チーキ8566
と思ったら
トム・チーキ8567
少し手前で
折り返して戻って行きました
トム・チーキ8568
そして
また戻って来た砥夢
今度はお鼻を伸ばして
トム・チーキ8574
ちょっと時間をつぶして
戻って行きます
トム8576
そしてまたまたチーキのゲートにやって来た砥夢
チーキはお鼻を高く上げています
トム・チーキ8577
今回は少し奥まで行きました
トム・チーキ8588
今度は
ちょっと角度を変えて近づきます
トム・チーキ8591
その次
段々大胆になって来たと思いませんか
トム・チーキ8593
今度はチーキを見ながら
歩いて来ましたよ
トム・チーキ8596
何と言いますか
砥夢君は割と分かりやすいタイプだと思います
トム・チーキ8598
いつも一緒にいるチーキは
砥夢君の事なんでもお見通しなんじゃないかなー
向きを変える時にキックする砥夢君
トム・チーキ8599
さてさて
砥夢君スッキリタイムを済ませて
再びやって来ました
トム・チーキ8611
華麗に方向転換して
トム・チーキ8627
お尻で挨拶して
立ち去る砥夢君
トム・チーキ8636
またまた
やって来ました
トム・チーキ8647
ターンして
トム・チーキ8668
キックして
トム・チーキ8677
お鼻高く上げて歩く砥夢君
トム・チーキ8685
この後私はアフリカゾウ舎を後にして
ライオン園で帰宅前の女子会を見ていた時です
チーキの恐竜の様な声がアフリカ園中に響き渡ったのです
トム・チーキ8697
たぶんチーキに「いい加減にしなさいっ」て
怒られちゃったんでしょうね
喧嘩とかでは無かったのでご安心を←確認済みです
トム8729

*ミニ情報
最近砥夢君の収容時間が早くなっています
大体2時半位を目安に収容となりますが
早い時には2時頃に収容される時もありました
その時の状況で収容時間が変わる事も有るので
砥夢君に会いに行く方は早めの時間帯に行く事をお勧めします
本日は 女子達の微妙な関係 3月下旬のライオン園 その6 と二本立てです





最新関連記事

Comment

ハズバンダリートレーニング - ゆきこ - 2017年01月31日 08:56:37

ちーたさん、こんにちわ。
大森山動物園に言ったトモちゃん、げんきそうで、なによりですね。
きっと根彼女なりにすごく、ストレスがあったんでしょうねぇ。
オスの、ロアー君、おおらかそうじゃありませんかぁ。
もしかして、いい、夫婦になるかもしれませんね。


昨日のNHK見ました。
夜間救急診療の獣医さんの、愛情と、努力、りっぱですね。
そして、大森山動物園のキリンの、リンリンちゃんへの、ハズバンダリートレーニング
の、成果で、点滴を受けられ、元気になっ姿を見て、ほっとする飼育員さん。
涙なしではみれませんでした。
そして、とべ動物園の椎名さん・・・
出産したばかりの、リカさんのところに飛び込むのは、いのちがけであるとともに、
自分の危険など省みない・・そういうところに、リカさんたちの、椎名さんに対する信頼と愛情をかんじますね。
媛ちゃん、椎名さんを好きすぎて、離れると、泣き叫ぶのが
とっても、可愛かったです。
今は、妹の砥愛ちゃん、いい、お姉さんでしあわせそうですねぇ。
本当に、すばらしい番組でした。
ああ、絶対に、無理とは思いますが、砥夢クンを飛べ動物園に里帰りさせたい。リカ丘朝や、媛お姉ちゃんと、合わせてあげた医師、小さな妹を可愛がるところを
みたいよう。

- ちーた - 2017年02月01日 19:51:17

>ゆきこさん こんにちは
>大森山動物園に言ったトモちゃん、げんきそうで、なによりですね。
トモの写真を見たらとても穏やかな表情だったので安心しました
トモの事だから少し時間は掛かるかも知れないですけど
アロー君とだったら仲良くなれそうですね(*^^*)

私も プロフェッショナル 仕事の流儀 「動物と向き合うプロ達」見ました
動物達と信頼関係を築く事の大切さ動物達の変化を見逃さない目
皆さん挫折や試練を乗り越えて現在があるんですね
柴田飼育員さんはイルカのハズバンダリ―から学んだと言うのを知って驚きました
椎名飼育員さんや柴田飼育員さんの元へ学ぼうとやって来る熱心な飼育員さん達(動物園)も沢山いらして…こうして取り組みが広がって行くんですね
こうした活動をバックアップするシステムがあればもっと良いのにと思いました

砥夢君を家族に合わせて上げたいと言う気持ち分かります
現実には国内のアフリカゾウ飼育は危機的状況にあり
関係者の方々もきっと悩まれて沢山協議して将来の事を考えて砥夢君の移動を決めたのだと思うのです
それを分かっていても砥夢君が家族と暮らせたらどんなに良いかと思う事がありますよね

私はいつか多摩で砥夢君が家族を作ってお嫁さんや子ども達と暮らすその日を願って応援してます
今、家族と離れて暮らす分も取り返すくらい幸せになって欲しいですね
とは言え私に出来る事と言えば砥夢君の日常を飾らず伝える事くらいしか出来ず心苦しいのですが…
Comment Form
公開設定

プロフィール

ちーた

Author:ちーた
大型ネコ科の動物が好き
Big Cat seriesのファンで特にチーターが好き
動物園にはたまーにしか行けないので、主に撮り貯めした写真をゆるりとUPする事になると思います
以前はコンデジで撮影していましたが、2013年初めに念願のデジタル一眼を購入
写真の腕前はちょっと…ですが楽しんで撮影しています
↓↓動画はこちらから
osanpovideo

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
多摩チーター在籍リスト
多摩チーター大放飼場写真
多摩ライオン家系図
多摩ライオン相関図
多摩ライオン在籍リスト
ライオン園内の位置関係

最近の記事
月別アーカイブ
タイトルアーカイブ
アクセスカウンター
お気に入りリンク
お願い

*このブログに掲載されている画像の無断使用・記事の無断転載はご遠慮下さい*

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー別タグ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード


pictlayer